MENU

マットレスは程良い硬さとクッション性が必要

寝床の硬さは敷き布団だけでは調整しにくいものだということを改めて知りました。
ベッドの場合はマットレスの部分が大きいので、床で寝ている状態とはかなり違ってくると思います。

 

ビジネスホテルに泊まった時に感じたのは、マットレスが程良い硬さで、非常に寝心地が良く感じました。
私は今までベッドで寝た経験があまりないので、ベッドのマットレスの違いや見分け方は良く分かりませんが、やはり適度な硬ささとクッション性が重要になってくるのだと思います。

 

床に寝ていても、ベッドを使っていても、やはり重要なのはマットレスだと思います。
マットレスを自分の体に合うものに変えただけで、睡眠の質は確実に向上します。

 

逆にマットレスが自分の体に合わないのに、無理をして使い続けていると、睡眠の質を下げるだけではなく、体へ無理な負担がかかってしまいます。

 

年齢を重ねてくると、関節痛などが起こりやすくなってしまいます。
マットレスが合わないと体への負担が大きくなり、関節痛の症状もひどくなってしまうと思います。

 

実際、私も腰痛がさらに悪化してしまい、肋骨痛になったことがありました。
しかし、マットレスを変えたおかげで、寝ている時の痛みを和らげることができました。